クレジットカードとデビットカードの違いについて

違いを理解し、使いこなそう!

支払い方法の違いについて


クレジットカードとデビットカードでは、支払い方法が異なりますので注意してください。

よく考えて使用しないと厄介ですね。
クレジットカードの場合は、一括払いの他にも分割払いというのがありますね。

そして、一括払いでもボーナス一括払いなどのような特殊な一括払いがあるでしょう。

分割払いの方も2回分割するのもあれば、3回以上の分割をすることが出来る分割払いもあるでしょう。

そして、リボ払いのような一定の金額を分割していくシステムもありますね。

だから、クレジットカードを使用する場合は、それらをどのように使うかを考えないといけません。

しかし、デビットカードは違います。

デビットカードの場合は、一括払いしかありません。

支払いにデビットカードを使用することで、その時点で一括支払いをされます。

だから、利子などは存在しませんね。ちなみに、限度額を超えた場合は使用出来ません。

それ故に、限度額を超えない買い物しか出来ないので注意です。

このようにそれぞれのカードでは支払い方法が異なるでしょう。

クレジットカードは返済の幅を変えることが出来ますが、その分利子を考えないといけません。

しかし、デビットカードの場合はそれを考えなくても良いです。ただし、限度額を考えないといけませんがね。

だから、よく考えて使用してください。


審査の違いについて


クレジットカードとデビットカードの審査のやり方が異なります。

その違いをしっかりと理解して受けるようにしてくださいね。
クレジットカードとデビットカードの審査はかなり異なるでしょう。

どのように異なるかというとこのようになっていますね。

まずクレジットカードの場合を説明しますが、クレジットカードの審査はかなり厳しいです。

と言っても、あくまでも信用出来る人かを審査するためなので、完全に審査に合格できないということはありません。

だから、しっかりと仕事をして貯金がある人なら問題ないでしょう。

もちろん、審査の対処がありますのでそれに注意が必要ですがね。

次にデビットカードです。このカードの審査はありません。はい、ないのですよ。

もちろん、デビットカードで出している会社によってはある程度の審査をすることもありますが、

基本的に審査無くデビットカードを手に入れることができるでしょう。

審査が無いのでクレジットカードで落ち続けている人でも問題なくデビットカードを使用することができますね。

ただし、デビットカードの特性をしっかりと理解してから使用するようにしてくださいね。

このようにクレジットカードとデビットカードの審査の違いがあります。デビットカードは楽かもしれませんが、それだけリスクがありますので注意してください。


加盟店の違いについて


当たり前のことですが、クレジットカードとデビットカードの加盟店は異なります。

だから、使用出来るところに注意をしてくださいね。

クレジットカードとデビットカードは違うカードなので自ずと加盟店が異なるでしょう。

まあ、同じ所を使用することができたり、大きなお店などだったりすると使うことが出来るかもしれませんが、結構使えるところが限られるので注意してください。

最も、クレジットカードの方は日本でも結構使えることが出来るところが多いです。

最近では、古いお店でもクレジットカードを使用することが出来たりすることもありますね。

しかし、デビットカードは少々異なります。デビットカードはそこまで多くの加盟店があるわけではありません。

むしろ、クレジットカードと比べるとかなり少ないと言っても良いですね。

それ故に、デビットカードを使用することが出来ないところがありますので注意してください。

そのようなところは基本的に現金あるいはクレジットカードしか使えないので注意しましょう。

このようにそれぞれのカードを使用することが出来るところもありますが、出来ないところがあります。

それに、デビットカードを使用できないところも結構多いので、デビットカードを使用する場合はよく考えて使用するようにしましょうね。


利用時間について


クレジットカードとデビットカードというよりも、デビットカードに関することなのですが、利用時間に注意して使用するようにしてくださいね。

基本的にクレジットカードはいつでも使うことが出来ます。

使用履歴自体がクレジットカードによって蓄積しますので、それを見て会社の方で判断することができるので

基本的にいつでも使用することが可能でしょう。

しかし、たまに利用出来ない時がありますので、しっかりと確認するようにしてくださいね。

そして、問題となりますデビットカードですがこれは利用時間が限られるので注意してください。

デビットカードは24時間使用することが出来るわけではありません。

大体のデビットカードが平日ですと8時から21時までとなり、土日祝日だと9時から21時までとなっています。

だから、これ以外の時間に使用すると使えないので注意してください。

これは、クレジットカードのように履歴は残るのですが、即時返済が基本になっているのでそれが出来ないといけません。

故に、このような利用時間が決められているのですよ。

このように利用時間の違いに注意をしてください。

そうしないとデビットカードが使えませんので注意してください。

また、クレジットカードの時にも説明しましたが、利用できない日にちというもありますので、それに注意して使うようにしてくださいね。


保険の違いについて


クレジットカードとデビットカードの保険の違いに注意をしてください。

場合によって、良く考えて使用しないと大変な損害になるので注意してくださいね。

クレジットカードは、いろいろな保険があるでしょう。

何かしらの問題に対応した保険があることで、それがもしも発生したとしても解決することが出来ます。

それ故に、年間費などが高いことが多いでしょう。

特に良いのが海外関係の保険ですね。海外は日本と違っていろいろと大変です。

それ故に、このような保険があるとそれで対応してくれるのでとても良いでしょう。

特に海外で高価なものを購入した場合はかなり必要ですね。

他にも盗難に対しての保険もありますので、とても良いでしょう。

デビットカードの場合は、保険が基本的にありません。

それ故に、何かしらの問題があってもデビットカードの方では問題を解決することが出来ないでしょう。

だから、自分で解決出来るようにしないといけませんので注意してください。

ただ、デビットカードによってはキャッシュカードの機能を使えるものがあり、

それを利用しているところなら上記で説明したような保険を使用することが可能となります。

このようにそれぞれのカードによって保険の状態が異なるでしょう。だから、よく考えて使用するようにしてくださいね。


デビットカードの問題点とクレジットカードの違い


デビットカードがありますが、これには問題点があります。

その問題点とクレジットカードの違いに注意してください。

デビットカードは、知っての通り即支払いをすることが出来るカードですね。

支払い段階でデビットカードを提出した時点で支払金額がすぐに通帳から引かれるのですが、ここに問題が出ているのです。

支払い時に店員が間違った支払いを使用した場合があることですよ。

基本的にはそれを返金されるのですが、それが非常に面倒です。

なにせすぐに返金してくれないのですよ。

クレジットカードなどは、間違えがあってもお客の方で支払いを制限したり、支払いをしなかったりすることが出来ますが、

デビットカードはそれらをすることが出来ません。

だから、返金しないといけないケースになるのですが、その返金がいろいろな手続をしないと出来ないのですぐに返金出来ないのです。

他にもデビットカードで購入した商品の返品ができない場合があるでしょう。

上記でも説明したようにクレジットカードはある程度のタイムラグを作ることができるので返品をすることが出来るのですが、

デビットカードの場合はお店の方で返品お断りされると完全に返品ができなくなるという状態になります。

だから、購入時はよく考えて購入をするようにしてくださいね。

このようにデビットカードとの問題点があります。一応注意して行動をすれば問題ないので注意をしておいてくださいね。


デビットカードとクレジットカードのどちらを選ぶか


クレジットカードとデビットカードの違いがかなりありますね。だから、どちらが良いかという疑問になるでしょう。

それの説明をしていきます。

基本的にクレジットカードとデビットカードどちらかしか使えないわけではありませんので、使えるタイミングでどちらかを使用すれば良いのでしょう。

しかし、あくまでもどちらが良いかを説明してきますね。

この二つのカードで特化しているのがこのようになっています。

クレジットカードは、支払い期限があり支払い方法も豊富でしょう。

そして利用時間もありませんし加盟店が多いので結構どこでも使用することが出来ますね。

その一方デビットカードは基本的に即時支払いをするので金利は発生しません。

結構スムーズな買い物をすることが出来るでしょう。

このように特化ものがありますね。しかし、それぞれで欠点もあることはたしかでしょう。

ただ、クレジットカードの方が何かと良い特典が多いと言っても良いですね。

だから、クレジットカードの方が幾分かは良いかもしれません。

しかし、金利が発生しないデビットカードは、場所によってはとても使い勝手の良いカードと言っても良いので、

デビットカードが悪いわけではありませんので間違えないようにしてくださいね。

このようにデビットカードとクレジットカードでどちらかを選ぶかがあります。

人や場所によって異なりますので、よく考えてそれぞれのカードを使用するようにしてください。


クレジットカードとデビットカードの違いについて


クレジットカードは結構使っている人が多いでしょう。

しかし、デビットカードはそこまで使っている人が居ないかもしれません。

もしかするとデビットカードを知らない人もいることでしょう。

しかし、この2枚は結構似たような使い方をすることが出来るカードです。

しかし、それでも全く違うカードと言うことなので違いがあるでしょう。

その説明をしていきます。
クレジットカードもデビットカードも基本的にはお店でカードの提出をすることで使うことが出来るようになっているでしょう。

そうすることで、買い物をしたい商品の金額を支払いすることが出来ます。

故に、財布には現金がいらないということにもできるのでとても良いでしょう。

だから、これらのカードがあればよいですね。ただ、このカードは同じようで結構異なることがありますので注意してください。

例えば、支払い時などがあります。

先程説明したようにどちらも提出することで使用することが出来るのですが、それぞれで支払い時の行動が異なるでしょう。

また、支払いをしたあともかなり変わっていきますので注意してください。

このようにクレジットカードとデビットカードは違うカードです。だから、使う時はそれらの違いを良く理解して使うようにしましょうね。


オンラインで使用する時の違い


クレジットカードとデビットカードをオンラインで使用するときも違いが出てきますので注意してくださいね。

オンラインでショッピングをする人がいるでしょう。

その時にクレジットカードやデビットカードを使用する人が居ますが、これらの使用はよく考えて使用してください。

基本的にオンラインでのショッピングもそこまで変わりません。

提出こそしませんが、使うことが出来るようにしないといけません。

クレジットカードの場合は、クレジットカードの番号を入力して名前の確認やパスワードの確認などをしてショッピングで使用することが出来るでしょう。

あとは、入金をして待てば商品が来ますね。

しかし、デビットカードの場合は少し違うでしょう。

まず、デビットカードを使用出来るようにデビットカードの番号を入力するのですが、その後の本人確認はしないことが多いです。

だから、すぐに支払いをすることが出来るでしょう。

要するに、結構危ないですね。なにせ本人以外が使用することが出来るのですから、注意が必要になります。

もちろん、サイトによって異なるのですが、そのように本人確認をしないところがありますので注意してください。

ちなみに、デビットカードなので即入金です。

このようにオンラインで使用する場合は、いくつか注意しないといけないでしょう。

何も考えないでデビットカードを使用する大変なことになりますので注意してください。