クレジットカードとデビットカードの違いについて

違いを理解し、使いこなそう!

デビットカードの問題点とクレジットカードの違い


デビットカードがありますが、これには問題点があります。

その問題点とクレジットカードの違いに注意してください。

デビットカードは、知っての通り即支払いをすることが出来るカードですね。

支払い段階でデビットカードを提出した時点で支払金額がすぐに通帳から引かれるのですが、ここに問題が出ているのです。

支払い時に店員が間違った支払いを使用した場合があることですよ。

基本的にはそれを返金されるのですが、それが非常に面倒です。

なにせすぐに返金してくれないのですよ。

クレジットカードなどは、間違えがあってもお客の方で支払いを制限したり、支払いをしなかったりすることが出来ますが、

デビットカードはそれらをすることが出来ません。

だから、返金しないといけないケースになるのですが、その返金がいろいろな手続をしないと出来ないのですぐに返金出来ないのです。

他にもデビットカードで購入した商品の返品ができない場合があるでしょう。

上記でも説明したようにクレジットカードはある程度のタイムラグを作ることができるので返品をすることが出来るのですが、

デビットカードの場合はお店の方で返品お断りされると完全に返品ができなくなるという状態になります。

だから、購入時はよく考えて購入をするようにしてくださいね。

このようにデビットカードとの問題点があります。一応注意して行動をすれば問題ないので注意をしておいてくださいね。