クレジットカードとデビットカードの違いについて

違いを理解し、使いこなそう!

支払い方法の違いについて


クレジットカードとデビットカードでは、支払い方法が異なりますので注意してください。

よく考えて使用しないと厄介ですね。
クレジットカードの場合は、一括払いの他にも分割払いというのがありますね。

そして、一括払いでもボーナス一括払いなどのような特殊な一括払いがあるでしょう。

分割払いの方も2回分割するのもあれば、3回以上の分割をすることが出来る分割払いもあるでしょう。

そして、リボ払いのような一定の金額を分割していくシステムもありますね。

だから、クレジットカードを使用する場合は、それらをどのように使うかを考えないといけません。

しかし、デビットカードは違います。

デビットカードの場合は、一括払いしかありません。

支払いにデビットカードを使用することで、その時点で一括支払いをされます。

だから、利子などは存在しませんね。ちなみに、限度額を超えた場合は使用出来ません。

それ故に、限度額を超えない買い物しか出来ないので注意です。

このようにそれぞれのカードでは支払い方法が異なるでしょう。

クレジットカードは返済の幅を変えることが出来ますが、その分利子を考えないといけません。

しかし、デビットカードの場合はそれを考えなくても良いです。ただし、限度額を考えないといけませんがね。

だから、よく考えて使用してください。