クレジットカードとデビットカードの違いについて

違いを理解し、使いこなそう!

支払い時の違い


クレジットカードとデビットカードは、基本的には商品を購入する時にカードを提出することで使用することが出来るでしょう。

しかし、そこに違いがありますので注意してください。

クレジットカードなどは、支払いをすることでその金額を後払いすれば良いでしょう。

大体数ヶ月以内なら問題ないですね。

しかし、デビットカードの場合は即支払いが完了してしまうのです。

デビットカードは通帳に直接リンクして、通帳内にある金額を使用した時点で使用してしまうでしょう。

これはもう普通に現金を支払うこととたいして変わりませんね。

しかし、カード一枚で良いので現金の持ち運びよりもかなり簡単でしょう。

ちなみに、即支払いを完了するので、通帳内にある程度の金額がないと大変なことになります。

主に、それを超えて支払いをするということですね。

だから、金額が超えている場合はあとで支払いが請求しにくるので注意してください。

故に、買い物に使うことが出来る金額を覚えておきましょう。

このように支払い時にクレジットカードとの違いをしっかりと理解していないと大変なことになりますので注意してください。

特に、無くなったらすぐに対応できるようにしていないと、デビットカードが使用できなくなるので注意しましょう。